2016年04月16日

車仔麺

香港で、B級グルメと言えば色々あると思いますけど、私が真っ先に挙げたいのは何と言っても、車仔麺(チェー・チャイ・ミン)。

車仔麺のお店は、香港の至る所にありますが、中でも私のおすすめは、中環(セントラル、Central)のフェリー乗り場 Pier 5(長洲行きフェリー)にあるお店。テイクアウト専門で不愛想なおっちゃんがやっているお店。

pier5.jpg

中環付近でお昼を迎える時は、必ず立ち寄るお店。営業時間は10:30くらいから16:00くらいとアバウト。早すぎてもまだ準備中だったり、15:00ごろ行ってももう売り切れでお終いだったりする、ちょっと厄介だけどそこらの行列の出来る車仔麺屋よりはるかに旨い。

車仔麺(チェー・チャイ・ミン)とは、麺や具をトッピング出来るラーメン。
麺は4-5種類。いつも食べるのは油麺(ヤオ↑・ミン)。これが一番日本のたまご麺に近い。発音がすこし難しくていつも幼麺(ヤオ↓・ミン)と間違われるが、「これか?」って感じで見せてくれるので、違ったらムハイ、合ってたらハイと答えれば、是(ハイ)は通じます。

Noodle.jpg

トッピングの具は色々有って、何度か通って自分の好みを探すのも面白い。
3品までは料金内(30香港ドル)。5香港ドルで1品追加出来る。
私のたどり着いた3品は、芝士腸(チーズ入りソーセージ)、牛腩(牛筋煮込み)、牛大腸(もつ煮込み)。
他に、大根やシイタケの煮込んだものとか、魚旦(魚肉ボール)なども美味しい。覗けば何か大体想像できるので、言葉が出来なくても、指差し確認で何とかなります。

最後に、ラームラー?と聞かれます。ラーと答えたら辛口。辛いのが嫌ならムラーと答えましょう。少し辛目が良ければ、少々(シウシウ)と言えば OK です。
posted by MOTA at 17:18| Comment(0) | B級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。